ポリプロピレンの構造

ポリプロピレンは、下図のようのプロピレンを1単位として、鎖のようにつながっています。メチル基(-CH3)をRで表わしモデル化すると、長い鎖にRがぶら下がっているように見えます。

ポリプロピレンは規則正しくメチル基が並んだ構造になっており、強度や耐熱性が高く、耐薬品性に優れるといった特徴を備えています。

ポリプロピレンの構造