ポリエチレンの特徴

ポリエチレンは、一般的に以下のような特徴を持っています。

 

  1. エチレンと他のコモノマーとの共重合によって、容易に密度を変えることができ、 高密度から低密度までの性状の異なるポリエチレンが製造可能である。
  2. 成形性が優れており、押出成形、フィルム成形、中空成形、延伸成形、射出成形等、幅広い成形が可能である。
  3. 機械的強度が優れているため、幅広い用途に使用されている。また、低温時の機械的強度が特に優れているため、寒冷地のコンテナ、パレットにも使用されている。
  4. 電気特性が優れているため、電線被覆材(絶縁、シース)に使用されている。
  5. 耐薬品性が優れているため、酸、アルカリ、溶剤等の容器に幅広く採用されている。ただし、界面活性剤との接触で長時間応力がかかっている場合、クラックが発生することもあるので、注意が必要。
  6. 他樹脂と比べ、耐候性が優れている。特に屋外で長時間使用される用途には耐候剤やカーボンブラックを添加することによって、数10年の寿命が要求される電線被覆、鋼管被覆にも使用されている。