ガラス繊維強化ポリプロピレン(長繊維GFPP(モストロン®-L) | 短繊維GFPP)

製品の概要と特徴

製品区分 ガラス繊維強化ポリプロピレン
主な用途 自動車用機能部品、家電部品、その他エンプラ代替部品

GFPPは、繊維状のガラスとポリプロピレン樹脂を溶融・混練して得られる、複合材料です。 ポリプロピレン樹脂の優れた特性とガラス繊維の強度・耐熱性が複合化され、さまざまな構造部材、耐熱部材に使用されています。

モストロン®-Lは、当社が開発した高性能な長繊維ガラス強化ポリプロピレン樹脂です。直径10数μmのガラスフィラメントを数千本束ねた連続繊維束の1本1本に、ポリプロピレンを均一に含浸させながらストランド状に引抜き、必要な長さにペレット化して製造します。
モストロン®-Lは、独自の製法でGF界面の接着性を高めているため、優れた物性が得られます。

【長繊維GFPP(モストロン®-L) | 短繊維GFPPの特徴紹介】

紹介資料(PDF135KB)

【関連技術】

射出膨張成形(プライムモールド®-E)

物性一覧表(PDFファイル)

本ブランドの物性一覧表を、PDF形式でダウンロードしていただけます。

長繊維GFPP(モストロン®-L) | 短繊維GFPP

Adobe Readerの入手

PDFファイルの閲覧には、Adobe社のAdobe Readerが必要になります。
お持ちでない方は、左記のバナーをクリックして、最新のAdobe Readerを入手してください。