2007年11月8日

三井化学株式会社
株式会社プライムポリマー

インドにおけるポリプロピレン自動車材新会社設立について

三井化学株式会社(社長:藤吉 建二)および三井化学の子会社である株式会社プライムポリマー(社長:岩淵 滋)は、インドにおけるポリプロピレン(PP)自動車材の需要拡大に対応するため新会社を設立しました。会社概要が決定したため、下記の通りお知らせいたします。 なお、本年11月13日(火)に現地にて起工式を執り行う予定です。

<新会社の概要>

1.会社名 Mitsui Prime Advanced Composites India PVT LTD
2.事業概要 ポリプロピレン自動車材の製造、販売
3.設立時期 2007年9月
4.資本金 4.3億ルピー(3.0円/ルピー換算、13億円)
5.出資比率 三井化学80%、プライムポリマー20%
6.社長 木原 敏秀
7.所在地 ラジャスタン州ニムラナ
8.商業運転開始 2009年4月
9.生産能力 15千t/年

三井化学グループでは本年2月にインド駐在事務所を開所いたしましたが、本新会社設立によりインドにおける初の事業会社が誕生することになります。 インドの自動車市場は年率15%で拡大し、自動車販売台数は昨年の130万台から2010年には210万台に達する見通しです。インドでの生産体制を強化している日系自動車メーカーに対し、原料として需要の拡大が見込まれるPP自動車材を安定的に供給するために、今般の現地法人設立に至ったものです。三井化学グループにとっては北米、タイ、中国に続く自社生産供給拠点となりました。

三井化学は新たに策定したグランドデザインの中で長期経営目標を定め、その実現のために3つの事業ポートフォリオ(機能材料事業、先端化学品事業、基礎化学品事業)を設定しました。 PP自動車材事業は、安定的な収益確保を目指す基礎化学品事業にて中核事業と位置付けられており、三井化学グループでは日系自動車メーカーへのグローバルサプライヤーとして、積極的にPP自動車材事業の拡大を図って参ります。

 

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社CSR・広報部
TEL:03-6253-2100
株式会社プライムポリマー企画管理部
TEL:03-6253-4500