代表取締役社長 木村 峰男

2007年1月5日

新年のご挨拶

株式会社プライムポリマー
代表取締役社長 木村 峰男

 

新年明けましておめでとうございます。

年の始めにあたり、一言ご挨拶申し上げます。

 

2006年の石化産業は原油の高騰により困難な局面が多くありましたが、お蔭様で当社は中期経営計画の一年目として種々の計画を順調に進めることができました。 原材料高騰に対しては、統合シナジーの前倒しと二度の価格改定により何とか黒字を達成できる見通しです。お取引先様各位のご理解とご協力に厚くお礼申し上げます。 また、三井化学、出光興産の異なる文化の融合から、さらなる一体化を進めることができ、当社にとりまして実りの多い一年でした。 2007年は、世界経済は大きく落ち込むことはなく、日本経済も息の長い成長を持続すると予想されますが、特にアジア・中東・BRICSの攻勢が顕著なものとなると予想されます。

 

こうした中で、2007年の当社は次の4つの課題に取り組んで参ります。 第一は、収益力の確保です。原油価格高騰の趨勢に大きな変化があるとは思えませんので、特に第一四半期、第二四半期の価格動向に適切に対応し、黒字体質を定着させたいと思います。引き続きお取引先様各位のご理解とご協力をお願いいたします。 第二は、品質問題への対応を含むコンプライアンスの徹底です。 これは、企業存立の基盤をなすものとして、全社員の日常活動としてこれに真摯に取り組み、社会とお客様からの信頼に応えるべく努力いたします。 第三は、事業の構造改革の具体的シナリオ作りと全社員による共有化です。 ビジネスシステム構築への取り組みと共に、10年先を見据えたスクラップ&ビルド、生産最適化について道筋をつけたいと思います。これにより、強い組織、強い事業の構築を目指します。 最後に、社員全員が一体化した真のプライムポリマーの文化を共有し、それを社外に 発信できるところまで高めて参ります。

当社が目指すプライムポリマーの文化とは、

1.Prime Business:革新的な、個性豊かな、感度の良いPOメーカーたること

2.Prime Culture:風通しの良い、明るい、さわやかな、活力ある風土

がキーワードです。

 

以上の課題に取り組むことを通じて、当社は社会に貢献しお客様と共に前進して参りたい と思いますので、本年もご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

皆さまの一層のご発展を祈念いたします。